スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告

主なリスク

外国為替相場の変動リスク
相場の変動がある以上、利益が期待できる反面、損失を受ける場合がある

証拠金の何倍もの取引を行うことができるため、損失が預託した証拠金を超え、さらなる証拠

金を請求されることもあり得ます。



業者に対する信用リスク
客から委託された証拠金を、自社の資産とは別勘定で信託銀行に信託分別管理するといった保全管理をしていない業者の場合、破綻した際には預託していた証拠金が戻ることは期待できません。業者によって証拠金の管理方法が異なるので、約款などで確認する必要があります。 注意しましょう。

マイナススワップポイントのリスク
高金利の通貨を売り、低金利通貨を買う取引をする場合(2006年12月現在ではドル売り円買いなど、多くの円買い取引がこれに相当する)、スワップポイントの支払いが必要となります。スワップポイントはその通貨ペアの金利差が逆転しない限り支払わなければならないので、特に長期売買の時には「スワップポイントの収支」が多額になることがあります。

リターンも多いだけあってこのように様々なリスクも存在するのです。実際に取引を行なうときは十分注意しましょう。
スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。