スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告

ロング・ショート

FXでは、常に何らかの通貨を売り、何らかの通貨を買う、という取引をします。これは、日本円でりんごを買う際に、りんごを買って日本円を売っているのと同じです。FXではりんごの代わりに通貨を用いています。例えば、日本円を売って米ドルを買う、米ドルを買ってユーロを売る、というような取引をしているわけです。

「買い」の方の通貨をロング、「売り」の方の通貨をショート、と呼びます。上記の例では順に、ドルロング円ショート(またはドル円ロング)、ユーロショートドルロング(またはユーロドルショート)という言い方になります。
また、通貨のペアは表記が決まっているので、「ドル円ロング」といえば円はショートされているとういことになり、同様に「ユーロドルショート」といえばドルはロングされているということになります。
※ただし同じ取引を円ドルショート、ドルユーロロングなどという言い方はしません。

スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。